名古屋中心部の中区、東京23区郊外と同じ3LDK10万円以下で借りられます。

名古屋にある優良賃貸マンションの探し方
名古屋にある優良賃貸マンションの探し方

名古屋都心の中区

名古屋にある優良賃貸マンションの探し方
名古屋市都心部の中区の賃貸物件です。
まず、都心と言っても家賃自体は決して高くなく、10万円以下の3LDKが存在している等、東京の一番家賃が低い地域と同レベルになっています。
ですから、中区から住む場所を検討する方が良いでしょう。
中区に住む場合、鉄道を利用する機会は少ないため、最寄り駅は省略します。
松原2丁目の1K(7畳)が4.5万円、床はフローリングしていてカーペットを敷く必要はありませんが、何故か壁の一箇所だけヒョウ柄模様になっていて、洗濯機置き場こそ屋外にありますが、バス・トイレ別、出入り口一帯にキッチンが存在していて、単身者向けマンションとして高レベルの賃貸物件です。
大須2丁目の2LDK(13坪)が6.5万円、LDK10畳、洋室6畳、和室4.5畳がお互い繋がっています。
大須4丁目の3LDK(18坪)が8.6万円、構造的に3部屋全て押し入れを持っています。
松原3丁目の4LDK(22坪)が11万円、高級感漂う白亜のマンションですが、外観に留まらず内観も高級感溢れていて、1部屋4.5畳なのが難点ですが、お子様2人の4人家族向けの配置になっています。
これらの一帯は商店街(東京で言う秋葉原的要素を含む)が近く、利便性が極めて高い立地条件です。
もう少し東に移れば、格安ワンルームマンションと高級3LDK〜4LDKが混在する一帯に入ります。
新栄1丁目の1K(7畳)が3.9万円、松原2丁目の1Kと似た様な物件ですが、室内洗濯機置き場があるぶん、こちらの方が住みやすいはずです。
千代田3丁目の3LDK(19坪)が9.8万円、高級住宅であるぶんLDKが13畳と広くなっています。
千代田3丁目の築12年の4LDK(27坪)が14.5万円、エントランスが待合室化している高級マンション、物件構造上、LDKを真ん中に4部屋+各種設備があって、他の部屋・設備に移動するには必ずLDKを経由するため、LDKを生活の中心と考えている家庭にお勧めします。

Copyright (C)2018名古屋にある優良賃貸マンションの探し方.All rights reserved.